スピルリナにはβカロテンや核酸の抗酸化物質が入っており、女性ホルモンバランスを整える効果もアリ

スピルリナはなぜ美肌効果があるの?

スピルリナには、美肌効果がある栄養成分も含まれています。現在肌荒れに悩んでいるとか、もっと肌つやを出したいという人にとっては、スピルリナはおすすめです。

 

ここでは、スピルリナになぜ美肌効果があるのかを解説していきます。

 

酸化と活性酸素のメカニズム

肌荒れの原因はいろいろですが、その中でも大きな要素となるのが「酸化」です。

 

人間が生きていくためには「酸素」が必須です。人間は呼吸によって酸素を摂りこみ、細胞の活動に必要なエネルギーを作りだします。また、摂りこんだ酸素の一部は酸化して「活性酸素」となり、外部の刺激から細胞を守る役割を果たします。紫外線を浴びたり、大気汚染の環境にいても生きていけるのは、活性酸素が細胞を守っているからです。

 

しかし、酸化力が強くなって「活性酸素」が増えすぎると、バリア力が高くなりすぎて、細胞を傷つけてしまうようになるのです。

 

活性酸素は、人間の体が外の刺激から体を守るために作り出すものなので、本来は必要なものです。しかし、増えすぎてしまうと逆に皮膚の細胞などを傷つけ、肌荒れやシミ、シワなどの原因となるのです。

 

なぜ活性酸素は増えてしまう?

活性酸素は外部の刺激から細胞を守るために作られます。そのため、刺激が強い環境にいるとそのぶん多くの活性酸素が作り出されてしまい、肌荒れの原因となります。

 

活性酸素の原因となるものは以下のとおりです。

 

紫外線 太陽光に含まれ、肌を直接傷つけてしまいます。
ストレス 体がストレスに対抗しようとして、活性酸素を作り出します。
タバコ タールなどの刺激物質を摂りこんでしまうと、活性酸素が生み出される原因になります。
添加物 食べ物に含まれる添加物によっては、活性酸素ができてしまいます。
激しい有酸素運動 激しい運動をすると息が荒くなり、その分大量の酸素を摂りこむため、活性酸素も増えると言われています。

 

抗酸化物質が活性酸素を減らす

酸化を防ぐためには、紫外線やストレスなど、活性酸素を増やす原因になるものをなるべく減らしていくのが第一ですが、対策にはどうしても限界があります。そこで現在では、活性酸素を減らす「抗酸化物質」を多く摂取することが、抗酸化対策のトレンドとなっています。

 

抗酸化物質はたくさんありますが、代表例は以下の通りです。

 

  1. 核酸
  2. ビタミンA
  3. ビタミンC
  4. ビタインE

 

これらの抗酸化物質を摂ることによって、活性酸素の働きを抑えたり、活性酸素と結びついた過酸化脂質の生成を抑えたりすることができます。

 

スピルリナの抗酸化物質について

抗酸化物質が美肌につながることは説明した通りです。では、スピルリナにはどのような抗酸化物質が入っているのでしょうか?

 

  1. 核酸
  2. βカロテン(ビタミンA)
  3. ビタミンC
  4. ビタインE

 

実は、スピルリナには、先ほど紹介した抗酸化物質の代表例↑がすべて含有されているのです。

 

100g中の含有量比較

 

  スピルリナの含有量 多く含む食品の含有量
核酸 4600mg 4500mg(ビール酵母)
βカロテン 200mg 11mg(しそ)
ビタミンC 10mg 150mg(パプリカ)
ビタミンE 5mg 29mg(アーモンド)

 

 

↑は各抗酸化物質の含有量比較となります。特に目を引くのが「核酸」と「βカロテン」の含有量で、核酸に関しては含有量の多いビール酵母とほぼ同程度、βカロテンに関してはしそなどの緑黄色野菜の何倍もの量を含んでいます。

 

核酸は「DNA」「RNA」と呼ばれる物質で、遺伝子情報を含んだ物質のことです。核酸はらせん状の構造をしているのですが、同じくらせん状の形をしたスピルリナに多く含まれるのは納得です。核酸の代謝によって抗酸化作用が期待できるため、体内の酸化を予防して美肌効果を発揮することができるのです。

 

βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれる成分で、体内に入るとビタミンAに変換される重要な栄養素です。1日1.8mg程度の摂取が必要とされており、1日分のスピルリナ(4g程度)を摂取すると7mgの摂取が可能なので、必要量を完全にカバーしてくれます。βカロテンは自然食品からの摂取が理想とされているので、合成ビタミンのサプリなどを摂取するよりも、自然食品のスピルリナから摂取する方がよいでしょう。また、過剰摂取の害も報告されていないので、スピルリナはβカロテン補給の理想的食品なのです。

 

もちろん、βカロテンも、抗酸化物質として優れており、美肌効果を発揮することが可能です。

 

ビタミンC、Eも有名な抗酸化物質ですが、スピルリナにもそれなりの量が含有されています。モロヘイヤやパプリカといったそれぞれのビタミンのエキスパート食品には敵いませんが、継続的にスピルリナを摂ることによって、それぞれのビタミンをサポート的に摂取していくことは可能です。

 

スピルリナで核酸をしっかりと摂取しておき、サポート的にビタミンA、C、Eも摂る。そして、足りない部分は他の食品で補うというのが賢いやりかたでしょう。

 

核酸そのものにも美肌効果がある!

核酸には抗酸化作用があるので、酸化を抑えることで肌荒れ予防になることは説明したとおりです。しかし、実は核酸そのものにも、美肌効果があります。

 

というのも、本来DNAは人間の体のなかで作り出されるものですが、加齢などによって合成能力が衰えてきます。そこでスピルリナから核酸を摂りこむことによって、損傷した遺伝子を修復するなどの働きをします。

 

その結果、細胞の生まれ変わりを促進したり、老化防止につながると言われています。また、新陳代謝を活発にするため、古い細胞をすばやく新しくして、シワやたるみなどを予防すると言われているのです。

 

そういう面でも、核酸が多く含まれているスピルリナを積極的に摂取することには意味があります。

 

スピルリナのミネラルが美肌効果を生む

ここまで「抗酸化」という観点から美肌効果を解説してきましたが、スピルリナの美肌効果はそれだけではありません。

 

スピルリナはミネラルも豊富で、そのミネラルがさまざまな美肌効果を発揮するのです。

 

ミネラル名 効果 スピルリナ1日分のミネラル含有量(1日に必要な量のカバー率)
マグネシウム 皮膚の代謝やタンパク質合成に必要 16mg(12%)
マンガン 「代謝のミネラル」とも呼ばれ、皮膚や爪などの代謝に必要 0.15mg(10%)
抗酸化物質の一つ。 0.5mg(50%)
亜鉛 爪や髪を美しく保つのに必要 0.16mg(2%)

 

↑は美容に関係のあるミネラルの一覧ですが、スピルリナを1日分飲むことで、マグネシウムやマンガンは1日に必要なミネラル量の10%程度、銅に関しては半分程度をカバーすることができます。

 

現代人はミネラル不足が懸念されているので、スピルリナを飲むことで不足分を1割~5割程度補うことができるということです。そう考えると、合成ミネラルのサプリを摂取するよりも、自然食品のスピルリナを飲むことでミネラル補給を行う方が安全性の面では優れていると考えることもできるでしょう。

 

なお、亜鉛に関しては、スピルリナは含有量が少ないので、別の方法で補給を考えたほうがよいでしょう。

 

スピルリナの美容効果まとめ

スピルリナには、「核酸」や「βカロテン」といった抗酸化作用のある物質が多く含まれており、酸化による肌荒れやシミ、しわといった肌トラブルを回避するサポートをすることができます。

 

また、美容・美肌によいミネラルも含まれていて、ミネラル不足を補う役目を果たすことも可能です。

 

日ごろから食生活が荒れていて栄養バランスが悪いといった場合には、スピルリナを飲むことで栄養バランスを整えることで、美肌効果を期待しましょう。